ウルブスファンの独り言

NBAの試合やニュースについて思い立ったら書いていきます。

BKN - MIN

B2B2戦目はネッツ戦ですが負けると首位陥落となる一戦。ネッツはケビンオリーがヘッドコーチになっています。

ウルブスはゴベアが欠場でカイルがスターターに。最初のオフェンスでカイルからコンリーへ見事なパスが通って得点になり、さらにKATのパスからカイルがショートレンジを決めます。

ネッツはブリッジスがツーメンゲームから簡単にミドルを打っていく展開に。昔のウルブスでよく見た形でやられていきます。ゴベアがいないことでスペースのあるインサイドにドライブしていくウルブス。

ネッツはシュルーダーが入ってきますが、プルアップをあんまり打たないのでシュルーダーの方が守りやすそう。オフェンスはエドワーズがドライブしていきますが、人数をかけて守られるとジョンソン、シュルーダーの3Pでネッツにリードを許します。

ですがいったん引っ込んだKATを戻してツービッグの形にするとそのKATがFTと3Pを決めていきます。慣れてるツービッグのが戦いやすそう。シュルーダーのドライブに対して手を出してアウトオブバウンズになるとチャレンジして成功でマイボールになりますが、最近のフィンチはチャレンジ早いよね。このシーンもショットクロック残り3秒でネッツボールになるだけなんだから別にチャレンジしなくてもよかったと思うけどね。

モリスのドライブレイアップからナズがスミスをブロックしエドワーズの速攻になり、さらにシャープのゴール下をナズがブロックすると再びエドワーズの速攻で逆転。22-23で1Qを終了します。

2Qもツービッグ継続のウルブス。ネッツはスミスがスティールから速攻になるも追いかけてきたナズが気になりレイアップを外すとネッツの選手は誰も走っておらず1人スプリントしてきたNAWがリバウンド。さらにシモンズはゴール下を2本ミス。コンリーとモリスが速攻でパス交換からコンリーのコーナー3Pが決まります。

フォローに走るとか速攻追いかけるとかそーゆーハードワークの面で首位っぽいウルブス。もう1本モリスからコンリーで3Pになるとネッツはウォーカーがやっと3Pを決めます。

ナズはドライブからFTをもらうと、ネッツのパスミスから速攻でダンク。しかしクラクストンを止めに行った際に足を痛めてロッカーへ。これでセンターがKAT1人になってしまったウルブス。マクラフリンが出てきますが速攻でレイアップをミス。

KATはツーメンゲームで狙われますが、オフェンスでクラクストンから簡単に得点しているのでトントンかね。45-42とかなりのロースコアで終わった前半。お互いにシュートが入らなさすぎました。

後半が始まるとDFSの3Pが外れ、エドワーズのドライブはブロックされますが、KATが3Pを連続で沈め逆転します。しかしここで3Pを連発してしまうKATの悪い面が出て逆転されます。ドライブを混ぜたりポストアップとかを挟んだ方が効果的なんだけどね。MIL戦の終盤もそれで追いつききれなかったし。

コンリーの3Pとカイルのレイアップで再びリードすると、ナズが大丈夫だったらしく戻ってきます。が今度はエドワーズがジョンソンの足を踏んでしまいます。ヒヤッとしましたが大丈夫そうでコートに残ります。

ネッツは頻繁にシュルーダーがミスマッチになるのでそこのアイソで攻めますが、なかなか決められないシュルーダー。ですがウルブスもこの試合NAWのアウトサイドが全然入っていないので苦しい。

エドワーズはドライブで笛吹いてもらえず怒ってテクニカルに。取られた後も文句言い続けるので、慌ててモリスとカイルが止めに行きます。ここからお互いにファールが多い展開になりますが、66-70でウルブスリードで最終Qへ。

4Qもモリスとコンリーを並べてスタート。

そしていつの間にかいなくなっていたシモンズ。この試合もそんなにインパクトのあるプレーじゃなかったし、負荷の高い動きもなかったように見えたのにね。KATにダブルチームに行くネッツに対してモリスが動いて中継しナズの3Pになりますが、KATからモリスへのパスが乱れたことでワイドオープンにはならずにシュートは入らず。

一方のネッツはトーマスがマクダニエルズに対してアタックしていくと、簡単に抜かれていくマクダニエルズ。最近再びファールが多くなってきた気がするけど、やはりシーズンの疲れが出ているのか抜かれそうになって手を出して。みたいなのをよく見る気がする。しかし2回目のドライブにはヘルプに来たコンリーが手を出すとファールに。

これにチャレンジすると成功しこの試合チャレンジが2/2で成功。

しかしオフェンスは失敗すると、シャープの押し込みで70-70の同点に。モリスのコントロールでオフェンスを進めていくウルブスですが、KATのスクリーンでスイッチさせたのにモリスのアイソとかわけのわからん事をやってるのでこのQ FG 0/5に。

まぁDFSにポジション取りで完全に負けてるし、スペーシングも悪いのでKATにボールを渡してもうまくいかないよね。DFSが下がってクラクストンになると簡単にスイッチが起こるので、KATに寄ったところで、マクダニエルズの3Pになると、サイドからのスローインでクラクストンを剥がしてKATも3Pを決めます。どっちも難しいシュートだったけどよく決めた。

ネッツは完全にトーマスのハンドラープレイから打ち切る形なのですが、トーマスもよく決めていきます。さらにKATはポストからクラクストンとの1対1を制してフックを決めます。DFSがいなくなって楽になるKAT。

ここでウルブスはコンリーを下げてスターター+モリスの形に。ネッツはシュルーダーを入れてきています。さらにカイルとモリスを交代しPGなしの形からエドワーズはDFSの上からプルアップをヒット。エドワーズハンドラーの形は良さそう。

でもDFSはエドワーズ担当なのね。ブリッジスがエドワーズ、KATにDFSのがよさそうだけど。

さらにKATのFTで6点リードになるウルブス。ブリッジスがシュートを外すとそのブリッジスとのマッチアップになったナズのポストアップを狙うと、トーマスがオフボールでオーバーヘルプをしてマクダニエルズのコーナー3Pに。一気にリードします。

シュルーダーがつっこんでこれもシュートミスになると、クラクストンとのマッチアップになったエドワーズはアイソの形からKATに渡して動きなおすとボールはエドワーズ、カイルとつながり9-0のランに。エドワーズにしては珍しい動きだけど、こういうプレーが増えてくるともっと怖くなるよね。

DFSが3Pを1本返すとウルブスはタイムアウト。するとここでもブリッジスに密着マークされていたエドワーズがオフボールで振り切ると、その直前にKATがコーナーに動いていたのでクラクストンは引っ張られヘルプがいなくなりダンクに。少しではあるけど、連動してきたウルブス。

ネッツはブリッジスが個人技で攻めますが、決まらず。逆にエドワーズはDFS相手に個人技で決め切り12点リードに。残り3分でナズを下げてKATのワンビッグになります。

エドワーズは3Pをミスしますが、ディフェンスでKATがクラクストンを守り切るとKATが痛んでオフェンス参加が遅れますがダブルチームに来られたエドワーズがユーロステップで3人を躱してand1に。FTは外しますがスペシャルな動きを見せるエドワーズ。

KATをいったん下げるとブリッジスがコーナーから3Pを決めて9点差に。しかしあのメンバーで個人技祭りのネッツはちょっと厳しいよね。せめてトーマスからもう少しパスが出てくると違うと思うけど。

残り1分でエドワーズがドライブでファールをもらいFTに。ディフェンスポゼッションになるのでナズからNAWに交代しますがそのNAWがエドワーズが落とした2本目のFTのオフェンスリバウンドを奪取。意図とは違う素晴らしい仕事をしたNAW。このオフェンスでマクダニエルズからの合わせでエドワーズのダンクになり勝負あり。

最後のオフェンスでコンリーが3Pを決めるとシュルーダーがコンリーに突っかかりマクダニエルズがすっ飛んできてシュルーダーを突き飛ばします。これでシュルーダーとDFS、マクダニエルズにNAWがテクニカル。映ってないところでNAWとDFSも揉めてたのね。ネッツのホームだったら気持ちはわからんでもないけど、ウルブスホームだし多少はね。

最後ひと悶着あったものの最終スコアは86-101でウルブス勝利。ウエストで40勝一番乗りとし、首位を守りました。

 

 

MIL - MIN

リーグ首位でオールスターを迎えたウルブスはオールスター明けからMIL,BKNとのB2B。まずはMIL戦です。このオールスターブレイクの間にコンリーと2年の契約延長となっており、基本的にはあと2年ほどはこのラインナップで戦うこととなったウルブス。まぁリーグ首位だしそうなるのは必然といえば必然か。

ドックリバース就任から一気に負け始めたバックスですが、この試合はターンオーバー連発で始まったウルブスオフェンスの悪さもあり、ヤニスの連続アタックからバックスリードで始まります。さらにロペスの3Pも決まりますが、ゴベアとKATがゴール下で押し込むとエドワーズのドライブも決まり落ち着くウルブス。

バックスはリラードのファールドローを全然吹いてもらえずにオフェンスが止まるとエドワーズがミドルを決め、さらにエドワーズのアタックでファールをもらい逆転に....FTを2本外してなりませんでした。

ロペスが3本目の3Pを決め再びリードを奪うバックス。ロペスで広げたのでドライブが欲しいところですが、ヤニスがベンチなのでドライブができる選手がおらず、3P頼りになります。ロペスは4本決めてるけどね。ようやくリラードとポーティスのPNRでインサイドの得点になりますが、オフェンスリバウンドに積極的に飛び込んでいくKATに苦戦しロペスが2つ目のファールに加えてテクニカルも吹かれます。

しかしロペスのファールトラブルでヤニスが出てくると早速ドライブからand1。これにチャレンジするフィンチですが、失敗。

ナズとNAWの3Pで追いかけるウルブスですが、カナートンのタフ3Pなどもあり31-27で1Q終了に。

2Qになるとモンテモリスが登場。NAWの3Pをお膳立てします。さらにガリナリからターンオーバーを引き出します。

バックスはヤニスにナズなので、ここのドライブから作った方がいいように見えるのですが、球離れの悪いベバリーがコントロールしていることもあり、なかなかいい形でヤニスにボールを渡せません。するとナズと交代したKATが3Pを決め1点差に。

マクダニエルズがヤニスのマークになるとヤニスのアイソシチュエーションを作ろうとするバックス。ナズ相手の時にやればいいのにと思いますが、マクダニエルズから3つ目のファールを引き出せたのでまぁオッケイか。

ヤニスで攻めていきますがカイルに止められると、KATに2人行ったところからNAWの3Pになり、ポーティスが1本返しますが、モリスとカイルでゾーンをくずしてゴベアへのアリウープがand1に。ウルブスのリードになります。

さらにコンリーを戻してモリス、カイル、コンリーを並べると、KATのドライブから」ゴベアへのアリウープに。バックスのタイムアウト

タイムアウト明けにクラウダーのフローターが外れるとエドワーズがドライブからFTを獲得し、さらにドロップのロペスの上から3Pを決めリードを広げます。

ビーズリーとのマッチアップなので簡単に得点していくエドワーズ。リラードの調子があがらないのでヤニスヤニスヤニスになっていくバックス。結局51-57とウルブスが逆転して前半を終了します。

ターンオーバーから11失点ですが、2ndチャンスで23点を稼いだウルブス。ゆったり展開したいウルブスなのでモリスが入るとかなりいい感じになっていました。

後半リラードのドライブ、ヤニスのキックアウトからビーズリーの3P、ヤニスのドライブと連続で決まっていくバックス。ターンオーバーがなかなか減らないウルブスはゴベアのオフェンスリバウンドで繋いでいきますが、逆にヤニスのFTのオフェンスリバウンドを取られるとリラードの3Pになりバックス6点リードに。ここからさらにポーティスのオフェンスリバウンドとカナートンの3Pで2桁差に。

タイムアウトを取りますが止まらないターンオーバーからビーズリーの3P連打を許して一気に17点差に。87-70で最終Qへ。このQ13点しか取れなかったウルブス。モリスを使ってもよかったと思うのと、全然入ってないマクダニエルズを早めにNAWかカイルに代えておけば違った気もするけど、エドワーズとKATが2人とも消えちゃうとそりゃきついよね。

4Qモリスとコンリーで始めるとモリスとカイルがポンポンと1本ずつ決めてバックスのタイムアウトに。ポーティスのポストアップから作っていき2本決め返します。

残り7分半でKATを戻し、さらにエドワーズも戻すと、リラードリラードのバックスに対してエドワーズのand1、マクダニエルズの合わせ、KATの3Pで9点差に。さらにヤニスのミドルが外れるとKATが難しい3Pを沈めて6点差に。一気にウルブスペースになります。

しかしここから3Pでビッグショットを狙いすぎなKATでオフェンスを数本失敗すると、リラードがタフ3Pを決めて、さらにヤニスがFTで9点差に押し戻します。

ウルブスは苦労しながらもKATのダンク、エドワーズの3Pと何とか決めて残り1分半で6点差にしますが、KATが3Pを外して勝負あり。狙いすぎたKAT。

と思いましたがエドワーズがタフ3Pを連続で決めて31秒で3点差に。バックスはリラードに託すとコンリーの上からミドルを決めてバックス勝利。112-107。これでウルブスはオールスター明け敗戦スタートに。

MIN - POR

ブレイザーズとのアウェイ2連戦の2戦目。1戦目はエドワーズの活躍もあり完勝したウルブスはオールスタ前の最後の試合となるので、首位争いを考えてもしっかり勝ってオールスターに臨みたいところです。

ブレイザーズはスクートがスターターになっていますが、サイモンズと並べるとでディフェンスがやばいことになりそうな予感。サイモンズとカマラのPNRで得点しますが、スクートは簡単にコンリーに抜かれてゴベアのゴール下に。

さらにエドワーズのポストアップに対して四人が集まりコンリーの3Pに。グラントもエドワーズにand1を決められます。相変わらず4人で守ったと思えば、KATのドライブにはノーヘルプだし、選手の判断がすべてのようなブレイザーズディフェンス。オフェンスでもエイトン、スクートがゴール下をミスし10点差になるとタイムアウト。カマラしか得点してないじゃん。

タイムアウト明けにグラントがタフショットを決めますが、苦しいブレイザーズはサイモンズがエドワーズにブロックされると、文句を言ってテクニカルに。スローインもターンオーバーになりエドワーズの3Pに。コンリーにオフェンスリバウンドまで取られて失点していきます。

サイモンズがボール運びでマクダニエルズにスティールされるとFTで22点差になります。試合が終わりそう。

一気にスクート以外をベンチメンバーにするブレイザーズですが、最後はエドワーズのand1で44-14で1Qを終了します。成長なのかなんなのかスクートのドライブからキックアウトが出てくるようになっているので、サイモンズのハンドラープレイよりスクートにやらせた方がいいようにも見えますが、スクートの決定力の問題もあるので中々難しいのかな。

ただやらせないならなんで指名権をトレードしなかったんだよ。ってね。

2Qはなぜか頭からスターターのブレイザーズ。どんなローテなんだろ。ですがサイモンズがようやく3Pを決めると、エイトンからカマラへの合わせ、グラントのFT、さらにグラントの3Pに。

ウルブスはモリスとカイルが同時に出ていますが、モリスがちゃんとPGをする形になっています。KATの1対1が多くなりますが、ドライブ連打で得点していきリードを戻します。

ウルブスはKATを下げてゴベアのワンビッグにしますが、サイモンズの3Pからスクートのミドルで流れに乗る、はずがコンリーがサイモンズ相手にフロッピングでオフェンスファールを引き出します。

しかしターンオーバーの止まらないウルブスは17点差まで詰められタイムアウト

タイムアウト明けスターターのウルブスはゴベアのFTとKATの3Pが決まりますが、ブレイザーズもエイトンへのアリウープ、ウォーカーのFTで対抗します。

サイモンズがポンポンと連続で決めると、ウルブスのターンオーバーから速攻を決め16点差とするブレイザーズ。66-51で前半を終了します。まぁ2Qやられた印象は強かったけど、終わってみれば51失点とまぁまぁ。サイモンズに単騎でやられる分には許容できるって感じかなとても70点取れるって出来じゃないしね。

後半は何よりターンオーバーを減らす事が優先のウルブス。

後半が始まりますが、ゾーンにしてきたブレイザーズに対して早速ターンオーバーのゴベア。エドワーズの3Pが外れると、カマラがオフェンスリバウンドからand1で12点差に。1Qの貯金がなくなってきた。

するとビラップスが謎のテクニカル。そんなに怒るシーンじゃなかったでしょうに。そんな中スクートがドラフト3位の片鱗を見せ得点していきます。

ゴベアがリースに抜かれまくり、オフェンスでもスクリーンファールを取られ4つ目に。そのリースとカマラがオフェンスリバウンド押し込みで10点差に。おいおい。

タイムアウトのウルブスですがブレイザーズの勢いは止まらず、さらにターンオーバーを重ね8点差に。ようやくエドワーズが個人技で決め返すと、マクダニエルズのFTを挟んでドライブも決め、3Pは外しますがKATがオフェンスリバウンドからand1。9-0のランで一気に押し返します。

エドワーズのドライブが止まらなくなると、3Pも決めて20点差に。さらに速攻でダンクも決めたエドワーズ。最近エース感が増してきた。

最後はKATのドライブダンクも決まり99‐76で最終Qへ。チームが苦しくなってくると仕事をしてくれるエドワーズ。

4Q ブレイザーズのエイトンのオフェンスファールで始まると続けて6個目のファールで退場に。2得点だってさ。

ウルブスはゴベアのミスが連続して出ますが、ブレイザーズもサイモンズがターンオーバー。NAWのドライブとカイルのドライブで得点しエドワーズを戻します。そのエドワーズからゴベアのアリウープになると、速攻でマクダニエルズのダンクで28点差に。

タイムアウトを挟んでエドワーズは3Pを決め勝負ありな雰囲気に。

残り5分になるとミラー、マイノット、ニックスなどを投入しガベージに。

途中危ないシーンはありましたが、なんだかんだ終わってみれば128‐91の大勝で4連勝。ウエスト首位を39勝16敗でキープしオールスターブレイクに入ります。

 

MIN - POR

クリッパーズとのウエスト上位対決を制したウルブスはB2Bでアウェイのブレイザーズ戦です。オールスターまでブレイザーズとの2試合を残しているのでしっかり勝ちきって首位でオールスターを迎えたいね。

ここまで15-37と苦戦していると言うか、タンクしていると言うか微妙なブレイザーズ。ですが最初のオフェンスではサイモンズとカマラのハイピックから、エイトンへの合わせで得点。さらにエドワーズのターンオーバーから速攻でサイモンズ。

お互いにターンオーバーが多い立ち上がりからブレイザーズは0-7でスタートダッシュを切りますが、エドワーズが3Pを決めディフェンスでグラントを抑え込むと、ウルブスはFT攻勢で反撃。

ここ数試合はかなりシンプルにオフェンスをしているエドワーズ。キックアウトがきちんと出てくるし、困ったらきちんと打ち切れているのでターンオーバーも減っています。

ゾーンにしたウルブスに対して苦戦するブレイザーズ。そしてシュートが絶好調のエドワーズで一気にウルブスがリードします。

スクートがドライブ、3Pを決めるとKATはチャージングで3つ目のファールでベンチへ。久々のファールトラブルって感じ。これでナズのワンビッグになります。

エドワーズは最後のオフェンスでもand1を決め、1Qだけで18得点。37-25で2Qへ。

KATがファールトラブルなので2Qはゴベアのワンビッグでスタート。早速カイルからのアリウープを決めます。

しかしゴベアはバントンとのミスマッチを決めれず審判に文句を言い戻るのが遅れると、先に走っていたエイトンのマークをカイルに任せたのにそのエイトンへ寄っていきバントンがフリーで3Pを決めます。こんな事されたらカイルはやってらんないよね。

さらに謎のシュートを打つもリングにも当たらず。

ブレイザーズは流れを掴みたいところでしたが、オフェンスではバントンのドライブからのFTしか通用せず。逆になんでそんなにバントンにやられてるんだ。

ナズとゴベアでツービッグにしますが、ブレイザーズが見事なボール回しからサイモンズの3Pが決まるとこれを嫌がったのかナズからカイルに交代し再びワンビッグに。アウトサイドを追いかけろってことかね。

さらにエドワーズが戻って来るもカマラに苦戦します。が、マクダニエルズとグラントのジャンプボールからトランジションでスピンムーブからand1。サイモンズも3Pで反撃しますが前半最後のオフェンスでもドライブを決めたエドワーズ。59-51で前半を終了します。

B2Bだからなのかゴベアの動きが悪い気がするウルブス。エイトンへのマークもちょっとルーズだし、リバウンドへの反応もイマイチ。

ブレイザーズはなんとなくついて行ってるけど、特に良いオフェンスが出来ているわけではないのがね。ディフェンスはエドワーズに人数をかけて止めに行ってるけど3人行って3人抜かれてたらどうしようもないよね。

3Qは重い展開でスタート。カマラは4つ目のファールでベンチに追いやるも、エドワーズのドライブに対してフィジカルに当たってくるブレイザーズエドワーズのミスが続くとトランジションからサイモンズの3P。

さらにウルブスのミスが続き4点差まで追い上げます。サイモンズ、エイトンのPNRで2点差に。タイムアウトのウルブス。

タイムアウト明けにゴベアが連続で押し込み、ブレイザーズはグラントがミドル。KATがようやく3Pを決めるとスターター+モリスに。グラントのシュートが外れるとトランジションエドワーズがスクートを振り切り3Pを決め10点差まで押し返します。

ですがブレイザーズタイムアウトからサイモンズ、グラントが連続で3Pを決め再び4点差。締まりが無いウルブス。

エイトンがゴベアとの1対1を制して2点差。ゴベアがFTを1本決めますが、グラントが3Pを沈め遂に同点に。

ゴベアを圧倒するエイトン。まぁゴベアの守り方だとミドルレンジ打ち放題だもんね。決まる日はこうなる。

ゴベアが下がってKATとの1対1になるとシュートを外すエイトン。KATはオフェンスでもエイトンを抜き去りダンクに。

しかしブレイザーズスローインエドワーズの死角からゴール下に入ってきたバントン。慌てたエドワーズがファールをしてand1に。

エドワーズはバントン相手にやり返しますが、ブレイザーズの3Qラストオフェンスでリースが3Pを決め83-84で最終4Qへ。

ゴベアがいない方が守れそうなウルブス。相手のメンバーもあるけどエイトンみたいなタイプにはKATのが効くよね。いっぱいファールしそうだけど。

4Q最初のプレーでスクートの3PにNAWがファールしてしまいブレイザーズが逆転。

コンリー、NAW、カイル、ナズ、ゴベアのラインナップで案の定オフェンスに困るウルブス。NAWがなんとか3Pを決めますが、ブレイザーズはエイトンが戻ると即得点。しかしオフェンスリバウンドから繋ぎ、NAWが再び3P。チームを救います。

バントンからエイトンへアリウープが決まりますが、NAWがコーナーからもう1本3Pを沈めます。NAW様様のウルブス。さらにNAWはディフェンスでもスクリーンでオフェンスファールを誘いリードがドライブからダンクで9点リードに。

するとアッチッチなNAWはまたも3Pを沈め一気に12点差のに。ブレイザーズタイムアウトを取りますが、タイムアウト明けボール運びでスクートからスティールしたエドワーズがダンク。

そのエドワーズはオフボールカットからand1を決め6分で25-6のランで17点リードとすると、さらに2本決め残り3分半でベンチメンバーに。

ガルザが3Pを決め、チャージングを引き出し121-109で試合終了。エドワーズは41得点。この試合のMVP NAWは18得点。

MIN - LAC

エストの熾烈な首位争いの中の直接対決。クリッパーズとの試合です。モンテ・モリスはこの試合から出てくるの。かな?

ウルブスは中3日空いているので休養たっぷりで試合に臨みます。

最初のプレーでKATがズバッツを軽く抜きドライブを決めてスタート。ウルブスはディフェンスでマンにKAT、ハーデンにコンリーがマッチアップ。

マクダニエルズのドライブ、コンリーゴベアのPNRからアリウープと続くウルブスに対して、ハーデンがファールドローと3Pでコンリーをいじめます。エドワーズはフェイスガード気味につかれると、あまりオフェンスに絡まず4対4の形でオフェンスを作っていきます。

途中からプレッシャーが弱まるとハンドラープレイもやり始めますが、ツーメンゲームではダブルチームで対処され、ドライブヘルプも厚めにくるので苦労しています。

クリッパーズは相変わらずアイソベースで得点していきます。ウルブスが6FGに対して6アシストなのとは対照的。

キャッチミス、ゴール下のフィニッシュ力の無さとゴベアのデメリットが強めに出てる序盤ですが、ドライブからファールを貰いFTを2本沈めます。結果的にはいいけど酷い。

そしてベンチから出てきたウエストブルックに翻弄されるウルブスディフェンス。スピードに全くついていけません。がNAWがドライブを決め、ウエストブルックのドライブを止め、速攻でエドワーズにアシストと流れを変えます。

ここからエドワーズはドライブ、KATとのPNRからKATのFTに、さらにポストアップからナズのコーナー3Pをアシスト。

ですが1Q終盤にレナードが連続でダンクを決め28-24で2Qへ。インサイドを攻略できたウルブスはここからアウトサイドをしっかり決められるか、一方FTで得点を稼いできたクリッパーズは勝てるマッチアップを作れるかどうか。

2Qになるとモンテ・モリスが初登場。しかしイマイチ合っていないというか、カイルと同時起用するならモリスの良さが出ない気がするんだけどね。

1Qに続いてウエストブルックに手を焼いていますが、ウエストブルックに1人でやられるならまだいいんだけど、プラムリーへの合わせなんかも出てきておりクリッパーズはウエストブルックから作ればとりあえずオッケーな感じに。

フィンチはさらにカイルを下げるとコンリーとモリスを並べる形に。意味がわからないぞ。

しかしゴベアとのツーメンゲームからプルアップ3Pでウルブスでの初得点を決めるとこれで10点リードに。

これでタイムアウトクリッパーズですが、タイムアウト明けにジョージのミドルとズバッツのFTで得点します。するとウルブスはゴベアのワンビッグにモリス、コンリー、マクダニエルズ、エドワーズに。

ただワンビッグにしたのにエドワーズのドライブは使わずガードとゴベアのツーメンゲーム中心で組み立てていくウルブス。なんの為のモリスか分からなくなってきた。

これで流れを失ったウルブスはハーデンのミドルで同点に追いつかれます。追いつかれてタイムアウトのウルブスはタイムアウト明けスターター+NAWでコンリーを下げます。

マクダニエルズがショートレンジを決め、レナードをブロック。ノービッグになっているクリッパーズですが、ウエストブルックにゴベアの方が守りやすそうなウルブス。ディフェンスでもオールスイッチっぽいのですが、連携が良いわけではないので、ドライブを連続して決められます。

ですがゴベアがコーナーのマンのフェイクに思いっきり引っかかりドライブを決められるとトランジションでポールジョージ3Pを決められ逆転されます。判断力の無さが痛い。

さらにブザービーターでハーデンに3Pを決められると49-53で前半終了。前半を6-20のランで締めたクリッパーズ

ワンビッグ辺りから流れが悪くなっていったウルブス。モリスの使い方もよくわからなかったし。まぁ加入1試合目だし色々試したいのかもしれないけど、にしても最初からその使い方?みたいな。

クリッパーズは徐々に個々のマッチアップで上回り始めているので、ミスが増えなければこのままで良さそうな感じに。

後半はレナードのポストアップに対してコンリーが手を出しターンオーバーになると、エドワーズがドライブからファールを貰いFTでスタート。続けてポール・ジョージを止めると、ドライブから決めて同点に。

8-0のランで後半が始まりタイムアウトクリッパーズタイムアウト明けレナードがマクダニエルズ相手にand1。

マクダニエルズがハーデンにマッチアップすると腕が完全に絡まってるのになんの笛もならず一瞬時が止まるという不思議な時間がありつつもリードするクリッパーズ

エストブルックというかスモールになると謎にゴベアがやる気をだしてオフェンスで余計な事をしまくってって感じか。

しかし今回はミスマッチのポストでやりすぎてターンオーバーになりますが、ウエストブルックが速攻のレイアップを外すとオフェンスリバウンド押し込みでand1。余計な事をしなければ素晴らしいゴベア。逆転します。

するとやっとノーマルPGで起用のモリス。ミスマッチでポストアップするゴベアにパスを入れないのとかちゃんと判断してプレーしてる感じがいいね。

前半のようにカイル相手じゃないウエストブルックはダンクとレイアップを立て続けに外すとカイルの3Pでウルブスがリードを8点に。

さらにKATの連続FTとドライブ、エドワーズのドライブで一気にリードし89-72で最終Qへ。

4Qはお互いにターンオーバーでバタバタしながらのスタートになりますが、ナズとゴベアでリードを20点に広げるウルブス。

22点差になりタイムアウトクリッパーズ。ウルブスはここからナズがやりすぎてオフェンスを失敗していきますが、クリッパーズも決まらないので差は変わらず。さらにゴベアもパスミスしますが、ルーズボールがNAWに渡るとそのまま3P。完全にウルブスの流れに。

NAWのドライブダンクなんかも出て、エドワーズの3Pはバンクショットで決まり、ゴベアはウエストブルックをブロック。

残り4分でお互いにベンチメンバーになり勝負ありに。

121-100でウルブス勝利。

 

MIN - MIL

デッドラインでブラウン、ミルトン、2巡目を出してモンテ・モリスを獲得したウルブスはミルウォーキーでのバックス戦。この試合は出てこないっぽいですが、マクラフリンを信じきれないって感じだったのかな。尚マクラフリンもこの試合は欠場です。

一方のバックスはリラードが欠場でコナートンがスターターに。ドック就任から1-4のバックス。本当になぜグリフィンを解任したのか謎です、主力のご機嫌取りにしか見えない。

クラウダーの3P、KATのドライブで始まると、ピックアップミスからヤニスに簡単にドライブを許しファールしてFTに。最近早い展開についていけない事が気になる。

エドワーズにビーズリーなので、ここを起点に展開すれば…いいのですが何故かマクダニエルズがヤニス相手に仕掛ける形がおおいウルブス。そのマクダニエルズはヤニスにパワー負けしてダンクされていますが。

それでもミドルと3Pで特典するエドワーズですが、ボール運びのコナートンにプレッシャーをかけに行ってぶち抜かれる等ゲームプランが見えない。コナートンとポーティスを交代してビッグマン3人でツインタワーに合わせてきたバックス、他の二人がビーズリーとクラウダーなので超ビッグラインナップに。

試合は行ったり来たりの展開が続きますが、お互いに軽いシュートが多い割に入らないので点数は伸びません。そしてトレードで放出されたロビン・ロペスはコートサイドで本を読みながら観戦しています。

すると珍しくマイノットが登場します。しかもブルック・ロペス担当。エドワーズの9点もあり1Qは30-26でリードして終了。

2Qはバックスのドライブ、キックアウトについていけないウルブス。ついていけないというよりかはドライブを全くと行っていいほど止められないので、そりゃアウトサイド間に合わんよね。

すると今度はウルブスがビッグマンを3人ならべ、マクダニエルズ、NAWとユニコーンフォーメーションに。しかしこのラインナップでインサイドのスペースが増えるとかまじかよって感じ。確かにチームで1、2のシューターがコートにいるからそうなんだけどさ。

ヤニスに対しては守れているウルブスはリードを保ったまま試合を進めていきます。オフェンスリバウンドからダンクのゴベアですが、ヤニスが吹っ飛ばされてるしディフェンスの集中力はない感じ。まぁオフェンスではゴベアの上からand1ダンク叩き込み返したけどね。

ナズが足を引きずりながらロッカーへ下がってスリービッグ解消しますが、ビッグラインナップだとヤニスに対してオールスイッチで対応できるからヤニス対策としてはいいのかもしれない。

ナズが下がると一気にKATのワンビッグにするウルブス。こんな極端なフィンチは見たことない。KATのドライブと3Pで2ケタ点差までリード広げます。タイムアウトを取ってゾーンになるバックスですが、ハイポストのカイルに簡単に攻略されます。

エドワーズがビーズリーとコナートンをぼっこぼこにしていますが、ディフェンスではクラウダーに連続ファールで4本のFTを与えてしまいます。

前半終了間際にはコンリーの3P、ヤニスのゴール下でお互い得点し63-53で後半へ向かいます。

その後半はゴベアのドライブとかいうトンデモプレイで開始すると、これを決めるゴベア。さらにエドワーズとのツーメンゲームからand1も決めます。FTは外したけどね。

ヤニスのFG%が上がってくると、KATと少し接触しただけでファールをもらい、これにカッとなったKATがヤニス相手にドライブを仕掛けますがこちらはノーコール。ミルウォーキーだしね。

マクダニエルズがビーズリーを連続ブロックするとコンリーがプルアップ3P。さらに3Pをビーズリーがエアーボール。ゴベアとのPNRでびっくりするぐらいフリーになるコンリーが再びプルアップで3Pを決め15点リードに。ブルックがノープレッシャーなんだもん、自分のマークマンだけちゃんとスクリーンに当てればそりゃフリーになるよね。

何を守ってるのかわからないバックスはエドワーズにドライブを決められると、キックアウトからマクダニエルズに3Pを決められ20点差に。ジャクソンがエドワーズ担当になると多少は守れるようになりますが、それでもマシな程度。

ゴベア、ナズが派手なダンクを決め20-5のランで一気に試合が決まりそう。エドワーズがベンチに下がるとKATが単独エースだった頃のようなプレーを見せリードをキープすると、ナズがまたダンクを叩き込みます。バックスはグリーンが多少の活躍を見せますが、102-75と大量リードで4Qへ。

4Qはクラウダーの3Pでスタート。ウルブスはナズの連打で対抗し残り9分半でエドワーズを戻します。

グリーンだけが気を吐いて決めまくります。コンリーも連続で3Pを決めます、がグリーンは3連続。

エドワーズが3Pを決めると、またもグリーンがお返しの3P。スーパーグリーンがこれだけ決めまくっていますが、点差は23点。点差もあるので残り3分半になるとムーア投入。さらに残り3分になるとベンチメンバーに。

マイノット、ニックスが3Pを決め、ムーアは…エアーボール。

結局試合は129-105で圧勝したウルブス。バックスはドックリバースになってからこれで1-5になりました。

MIN - CHI

無事にフィンチがASのHCに決まった前戦はエドワーズが3Qだけで22点。エースの爆発までよくディフェンスで耐えて、エースで一気に突き放す。今シーズンここまでエドワーズが爆発する試合はチームとしては厳しい試合が多かったのにちゃんとエースがエースして勝ちきれたのはポジティブだよね。

スターターにブチェビッチとドラモンドを並べてきたブルズ。ツインタワー対策なのかね前に見た試合ではテリーがスターターの4ガードみたいな事やってて、テリーがいい仕事してたんだけどな。

最初のセットプレーでコンリーの3Pが決まりますが、その後はお互いに何かギクシャクしたオフェンスを繰り返します。ブルズディフェンスがマクダニエルズのスクリーンスリップに対して2人反応してコンリーをがら空きにしてしまうと、さらにエドワーズのドライブからゴベア合わせに。

ここからゾーンになるウルブスはトランジションでマクダニエルズが1対3なのに何故か抜けてレイアップ。さらにKATへのスクリーンからゴール下に抜けたエドワーズにパスが通りドラモンドのブロックがファールに。ですがチャレンジし成功してノーファールに。ウルブスボールで再開だけどね。

ブルズはドラモンドがオフェンスでゴベアに対して重さと厚みでアドバンテージを取っており、ゴール下で決めると、スクリーンでデローザンのドライブをアシスト。

ですがウルブスはエドワーズ、KATの3Pでリードを作っていきます。エドワーズはドスンムをいじめ、出てきてすぐ2ファールになるドスンム。

ウルブスペースになりそうな所でドライブからターンオーバーするマクダニエルズ。ブルズの速攻になりますが、逆にウルブスもパス1本でカウンター、マクダニエルズのダンクに。

エドワーズがブルズのウイング陣をぼっこぼこにしていますが、カルーソ相手のポストアップではハンドルミス。しかしブルズもゴール下をポロポロ外しており追いつけません。

最後もエドワーズがドライブダンクを決めて33-22で1Q終了。

デローザンが居なくなるとオフェンスでの起点が作れず、アウトサイドも決らないブルズはかなり厳しそう。デローザン出してタンクって発送もわからなくなはない。

2Qが始まりドラモンドが出てくると再びオフェンスリバウンドでチームを助けます。ツインタワーのウルブスに対して1人でゴール下奮闘のドラモンド。ゴベアは何やってるん?

さらにドラモンドはマクラフリンのレイアップをブロックしますがルーズボールはウルブスへ、そこからボールが回ってマクラフリンに戻ってくると3P。

ブルズはそれなりにいい形で3Pは作れているのですがここまで1本も決まらず、カーターのコーナー3Pが外れるとチェックに行っていたナズが走ってワンパス速攻になりブルズタイムアウトタイムアウト明けターンオーバーから始まったブルズはカーターがフローターを決めますが、マクダニエルズ、KATにドライブから決められ14点差に。

さらにKATの3Pが決まりますが、ブルズもようやくカーターがこの試合1本目の3Pを決めます。

KATは頑張って抑えているもののマクダニエルズとエドワーズに苦労しているブルズ。マクダニエルズの速攻からのダンク、エドワーズのスーパーショットが決まると、エドワーズを見すぎてKATに3Pも決められます。

なんとか15点前後の点差で踏ん張るブルズ。ですがKATがドラモンド相手に3Pを決め、ターンオーバーからアリウープも決まり20点差に。その後もエドワーズに答えがないブルズ。難しいの決め過ぎだけどね。

69-47で一気にリードを倍にして前半終了。

もう打つ手がないって感じのブルズ。ディフェンスではKATとエドワーズのシュートが落ちるのを願って待つしかない様な展開だけど、オフェンスでは起点不足がはっきりと出ていてホワイト、カルーソが全然抜けないので、デローザンとドラモンドがいない時間はかなり辛い。

後半はブチェビッチがポストから決めるとドラモンドはゴール下で1人ファイト。しかしウルブスはエドワーズのキックアウト、マクダニエルズが受けてドライブ、さらに再びエドワーズにキックアウトから3Pと良いオフェンス。

ホワイトが2本3Pを決め追いすがるブルズ。ブチェビッチもポストアップから決めてデローザンのFTで13点差に。

デローザンのポストアップからのフェイダウェイにファールを吹かれるとウルブスはチャレンジ。

前半あまりにも入らなかったブルズのアウトサイドに対してちょっとルーズすぎる入りをしてしまったウルブスは、ホワイトが2本決めたことでアウトサイドに対して慌ててしまった感じ。

チャレンジが失敗しデローザンがFTに。

マクダニエルズが3Pを1本返しますがデローザンにファールしまくるウルブス。

ホワイトのドライブを抑えますが、マクダニエルズが速攻のパスをデローザンに取られて逆にホワイトの3Pになり10点差。ナズが3Pを決め返しますが、ブチェビッチも3Pを決めブルズの流れに。

エドワーズがブロックから自分で運び自分で決め流れを切りタイムアウト。ブチェビッチにやられるゴベアですが、カルーソを抜き切りand1のエドワーズ。FTは外したけどね。

ちょっとエドワーズ以外のオフェンスが酷すぎるウルブス。下がったマクダニエルズ、ナズとドライブしてはターンオーバーになります。がエドワーズからのキックアウトはきっちり決めるナズ。

終盤はナズのワンビッグにしますがブルズの勢いは止まらず92-83と一気に追い上げられて最終Qへ。

精彩を欠くベンチメンバー。シュートが入ってるだけナズはまだマシだけどね。

ブルズはシュートが入ってきた事でブチェビッチ、デローザンのスペースが広がり、ドラモンドは引き続きゴール下で頑張っています。さらにディフェンスでもエドワーズのドライブに対して早めにヘルプを出してドライブそのものをさせないように守ることで、ウルブスの他の選手の判断力の悪さを使えています。

最終Qはコンリーが3Pを決めスタート。

ですがホワイトが連続得点で7点差に。わからなくなってきた。この試合いいところなしのカイルはドライブがターンオーバーになると、ゴベアとのディフェンス連携ミス、レイアップを外すと再びホワイトに3Pを決められ4点差。TBJでも使いなよフィンチ。

ゴベアがKATとのPNRから1本決めますが、止まらないホワイトがディープ3。KATも負けじと3P。

ブルズディフェンスというよりウルブスオフェンスのスペーシングが悪すぎてブルズがアウトサイドに追いつけるようになりエドワーズのドライブスペースも消えています。

それでもエドワーズはスティールから1人で決めるとホワイトのFTを挟んでKATの3Pをお膳立て。ですがすぐにブチェビッチに3Pを決められます。5点差。

さらにホワイトがKAT相手に3Pで2点差。入らなさすぎの前半と入り過ぎの後半。

前半と後半で入れ替わったようにウルブスはゴベアがゴール下で頑張りなんとかリードをキープします。ゴベアのワンビッグに変更しますが、マクダニエルズの上から決めたブチェビッチで1点差。

タイムアウトをとりスターターに戻しますがタイムアウト明けゴベアのポストアップとか意味がわからない。結局エドワーズのタフショットになりマクダニエルズがオフェンスリバウンドを拾いますがカルーソにボールを叩かれブルズボールに。

ホワイトがand1でついに逆転。マクダニエルズ1回下げたほうがいい。

KATはクレイグに3PをブロックされデローザンがFTを獲得すると残り1:50でブルズ4点リード。KATがゴール下で1本決めますがここでベンチテクニカル。

ですがエドワーズから苦しいオフェンスになったもののKATが難しい3Pをクイックで決め同点に。ブルズを1本抑えるとタイムアウト無しでラストオフェンスに。

KATの3Pは外れるとカルーソがリバウンド。残り2秒でブルズボールに。こーゆー場面でいい印象がないウルブスだけどどうなるか。

ブルズの勝利がかかったデローザンのシュートは外れてOTへ。久々の残業。

デローザンがファールを受けFT2本決めて始まると、ウルブスは24秒オーバーに。さらにデローザンが決め4点リードのウルブス。KATがドライブから自分でオフェンスリバウンドを取りFTに。

ホワイトを抑えエドワーズがドライブを決め再び同点に。ですがマクダニエルズが簡単にデローザンにやられてしまいます。マクダニエルズが頼りない。

ドラモンドが決め4点差。するとマクダニエルズがパスミスでデローザンのFTに。6点差。

マクダニエルズが作った負債。

エドワーズが3Pを1本決めますが、再びドラモンドに決められます。ブロックにもいかなかったゴベアはドラモンドに対してメンタル負けしてそうに見えるね。

最後はエドワーズがドライブでオフェンスファールになり勝負あり。123-129。